Solid is Beauty

固形タイプの
シャンプー・コンディショナー・ボディソープ。

Solid is Beauty

ヒトにも地球にもやさしい、
シンプルなライフスタイルへ。

The BAR

scroll

ABOUT TheBARについて

Love the Planet,
Love The BAR

髪、お肌、地球のための
ソリッドプロダクツ

「TheBAR」は明治38年創業の化粧品メーカーの技術の結晶。
プラスチックフリーと、ご満足いただける使用感の両立を実現。
美と環境のためのソリッドコスメティックをご体感ください。

01

innovative

イノベーティブ

明治38年創業の化粧品メーカーが数百の試作を重ね開発した
「液体商品を固形化する」革新的技術の結晶です。

02

plastic free

プラスチックフリー

持続可能な森林資源を使用した
紙パッケージを採用しています。(FSC 認証紙)

03

emission free

エミッションレス

製品中の水分量が少なく、コンパクトなため
輸送時のCO2排出量削減に貢献します。
また、採用している包材はリサイクル可能です。
さらに、パッケージのインクは植物由来のインクを採用しています。

04

natural

ナチュラルな原料

非動物由来の天然由来原料を中心に厳選して
セレクトしています。

PRODUCT 商品

The BAR
Solid Shampoo

髪も地球もきしまない
機能成分が凝縮した固形シャンプー

BUY NOW

The BAR
Solid Conditioner

水分ゼロ
機能成分が凝縮した固形コンディショナー

BUY NOW

The BAR
Solid Body Soap

豊かな泡立ち
機能成分が凝縮した固形ボディソープ

BUY NOW

固形にすると、機能成分凝縮、高いヘアケア機能を持つ成分を高配合可能。

だから使用感満足度の高い商品に

Solid Shampoo

Solid Conditioner

MERIT 固形の魅力

なぜ固形なのか?

5つのメリット

「気軽に参加できるSDGs活動」として
「The BAR」という選択を。
環境に配慮した地球にも人にもやさしいマックスの「固形商品」は、
その使用感についても
高い評価を得ています。
“エコ”と“機能”を両立させた「The BAR」を
毎日の習慣に取り入れませんか?

  1. 1 高濃度に凝縮
  2. 2 プラスチックフリー
  3. 3 コンパクト
  4. 4 CO2削減
  5. 5 防腐剤低減

DEVELOPMENT 処方開発・製造

当社が誇る研究開発メンバーが
液体化粧品の固形化を追求

目指したのは
満足いただける固形化粧品

1905年の創業以来続く、妥協を許さないものづくりのDNAは今も受け継がれています。
お客様に満足していただける固形商品になるよう、
成分・使用感・パフォーマンスに徹底的にこだわり開発いたしました。

固形シャンプーは
きしむ?

従来の石けんシャンプーは、洗髪時の髪の「きしみ」が強く、
お客様にご満足いただける商品ではありませんでした。

きしみの原因は

この髪のきしみは、固形石けんの主成分と水道水中の金属イオンが化学反応し、
きしみ成分を形成することが原因であることを解明しました。

脂肪酸石けん×金属イオン>金属石けん
従来の石けんシャンプー
TheBAR

そこで当社は、新規の洗浄成分を探索し、数百回の試作を重ね、

髪がきしまない固形シャンプーの
商品化に成功しました。

満足いただける品質を目指して

妥協のないものづくり

大阪・奈良にある自社工場では、お客様に満足いただける確かな品質の製品を生み出すため、
最新設備と万全の検査体制を整えております。

医薬品製造レベルの
情報管理システムを導入

機械化・自動化によって
安定的な生産性を保持

プロセスバリデーション
等を導入し、
高度な品質管理体制を構築

徹底した衛生管理、
異物・防虫対策

製造現場も環境に配慮

自社工場においても、太陽光パネルや省エネ設備の導入、
工場排水の削減プロジェクトなどを実施しています。
二酸化炭素排出量については、2021年度上半期は、
2018年度比で約30%の削減を達成!

VOICE 海外や専門家の声

フランスで最も権威がある
ビューティーアワード

「VICTOIRES DE LA BEAUTE 2020-2021」を受賞

※The BAR Solid Shampoo

VICTOIRES DE LA BEAUTE(ヴィクトワール ドゥ ラ ボーテ)は、2002年に創設された、フランスで唯一の“消費者が審査員”となる、厳正で公平な名誉あるビューティアワードです。 真の商品力を競うため、ブランド名や商品名を「一切伏せられた状態」で一般消費者が各家庭で実際に使用し、2週間評価。使用感・効果・テクチャー・香りなど「真の商品力」が多角的に審査されます。